• 掲載日:2017.02.03
  • 買ってトク!


シュラフの快適度CHECK!



アウトドアでの寝具といえばシュラフが一般的。冬の車中泊では防寒効果も発揮してくれるスグレモノ。そのフォルムは基本的に2種類だが、外気温に応じた性能差がある。機能の違いをチェックしてみよう。



キャンピングカーでは主流の封筒型布団タイプ

3シーズンシュラフにも種類はあるが、中綿とポリエステルの生地を使った化繊のものよりも、布団型の方が断然暖かい。3シーズンであればどれも大差なく、使えても初冬まで。化繊は軽いのでラクに持ち運びできる。布団型は家庭用の布団と同じで中綿たっぷり。重量感があり、体をすっぽり包み込む。クルマに置きっぱなしなら布団型がよいだろう。どちらも製品に価格差はあるが、有名メーカー品を買っておけば問題ない。



暖かさを追求するならマミー型高機能タイプ

マミー型シュラフは、山岳用という製品イメージが強く車中泊には不向きと思っている人もいるかもしれない。高機能で防寒性能に優れたものが多数あり「マイナス数十℃対応」なんて普通だったりする。寒いとはいえテントとは違い、車内であれば外気との気温差は5~10℃ほど高い。マイナス10℃程度の製品で充分であり、それならば1万円ちょっとで買える。最近は使いやすい機能的な製品も多く、性能を重視すればアリだ。



シュラフにプラスαして使いたい暖かグッズ
蓄熱エコあんか
8,640円(税込)
 
シュラフと組み合わせるとより暖かい便利グッズをご紹介。AC100Vを電源とした蓄熱あんかで、充電は1時間半〜2時間で完了。コンパクトサイズながら充分な能力を有し、最大表面温度は約55℃、1時間後には約40℃、その後8時間ほど体温よりも高い温度が持続する。6時間睡眠でも朝までしっかり暖かい! (寸法280×300×25mm)

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 株式会社八重洲出版
所在地 〒104-8488 東京都中央区八丁堀4-5-9 エイトビル
電話番号 03-3552-8431
業務内容 出版業・不動産賃貸
ホームページ http://www.yaesu-net.co.jp/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ