• 掲載日:2017.02.02
  • 行ってトク!


野生動物に出会う北海道夏の旅




マイカーやレンタカーで初夏の北海道を気ままに旅するなら、自然の恵みがいっぱい詰まった道東エリアがおすすめ。ここにしかいない貴重な生態系との出会いに胸が高鳴ることだろう。日差しをいっぱいに浴びて輝く平野をひた走り、ゴールの世界自然遺産の知床半島を目指す3泊4日の旅へと出発!



1日目~鹿追・清水・芽室
湖畔に生息する幻の小動物ナキウサギ

まずは鹿追から然別湖に足を伸ばしてみよう。十勝北部にたたずむ周囲約13kmの湖周辺には、氷河期から生き残るナキウサギという小動物が生息しているという。ネイチャーガイドの案内で訪れた、然別湖からすぐの駒止湖では「ピチッ」という高い声で鳴く石ころほどの大きさのナキウサギをわずか3mの距離から観察することができた。



2日目~帯広
街の中心にある北海道という名のホテル

十勝には北海道が詰まっている。雄大な畑、草をはむ牛、新鮮な野菜、乳製品やステーキをはじめとするグルメ、そして日高山脈と十勝川。その中心となる街が帯広だ。街の中心部にある老舗ホテル「北海道ホテル」には自然林のガーデンがあり、エゾリスや野鳥が自由に過ごす姿を見ることができる。



3日目~中標津
レッドリストに名を連ねる猛禽類

道東の深い森には希少種のシマフクロウが130羽ほど生息しているという。中標津の養老牛温泉の宿「藤や」はシマフクロウがやってくる宿としても有名。出没する時間は夜が多いとのこと。庭を映した部屋のモニターを見つめ続けると、暗闇の中にシマフクロウを発見。深夜3時までねばった末の幸運な出会いだった。



4日目~知床羅臼
世界遺産の海を回遊するシャチ

いよいよ東の果て、知床半島へ。世界でも貴重な生態系をもつ知床は世界自然遺産にも登録されている。知床連山の南側には天然の水族館ともいわれる神秘的な羅臼の海が広がっている。ウォッチング船で海へ出れば、運次第でイルカやシャチ、アザラシ、ミンククジラといった海のいきものに出会えるかも。

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 株式会社八重洲出版
所在地 〒104-8488 東京都中央区八丁堀4-5-9 エイトビル
電話番号 03-3552-8431
業務内容 出版業・不動産賃貸
ホームページ http://www.yaesu-net.co.jp/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ