• 掲載日:2017.02.01
  • 買ってトク!


自然のなかでコーヒーはいかが?



自然のなかでのすがすがしい朝、自分でこだわりのコーヒーをドリップし、いつもとはちょっと違ったひとときを楽しむ。今は多くのアウトドアメーカーからコーヒードリッパーをはじめ、ケトルやマグなど、個性的なアイテムが発売されており、インスタントじゃない本格的なコーヒーをいれることが定着しつつある。
たかがコーヒー、されどコーヒー。ほんの少しぜいたくな気分が味わえるはず!



UNIFLAME
(画像上)
ウエーブダブルマグ SUS400/2,300円(税別)
 内側に空気層のある中空二重構造を採用し、保温・保冷に効果的なだけでなく、熱湯でも持つ手に優しい。ウエーブ形状により持ちやすいだけでなく、重ねての収納も可能。キンキンに冷えたビールも熱々のコーヒーにも使える便利なマグ。

(画像下)
コーヒーバネット SIERRA/1,500円(税別)
重さたったの47gと超軽量で、コンパクトに収納でき、場所も取らない本格式ドリッパー。壁面のないコーヒーバネットはお湯を注ぐ際に発生するガスを逃し、雑味ないコーヒーを注ぐことができ純粋な味が楽しめる。フィルターは専用のフィルターのほか市販のフィルターも使用可能。

Amazonで購入する>>



UNIFLAME
キャンプケトル/5,200円(税別)
 
1つは持っていたい、コーヒーなどを注ぐ際に活躍するケトル。このモデルは口ぶたが付いており、水圧で自動に開く。また上ぶたは落下防止のストッパー付き、ハンドル部はつり下げやすい形状にデザインにも工夫が凝らされる。使い込むほどすすによって味が出てくる。ジャンボモデルもラインナップ。

Amazonで購入する>>



snow peak
チタンカフェラテセット3カップ/9,800円(税別)
 
3人分のコーヒーが作れるコーヒープレス(5,380円・税別)と、つまみを上下させることでミルクをきめ細かに泡立てられるチタンミルクフォーマー(4,280円・税別)のセット。ともに、直接ポットを火にかけられる。収納バッグ付き。

Amazonで購入する>>



GSI
パーソナルジャバプレス/5,616円(税別)

アメリカ西海岸発のキャンプ用調理器具ブランドがGSI。パーソナルジャバプレスは持ち運びが楽なフレンチプレスを採用。また、カラフェはガラスではなくBPAフリーポリエステルで割れる心配なし。もちろんマグも収納されているので、これ1つでおいしいコーヒーが楽しめる。

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 株式会社八重洲出版
所在地 〒104-8488 東京都中央区八丁堀4-5-9 エイトビル
電話番号 03-3552-8431
業務内容 出版業・不動産賃貸
ホームページ http://www.yaesu-net.co.jp/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ