• 掲載日:2017.01.31
  • 知ってトク!


愛車と島へ!島旅フェリーQ&A



たった数時間の船旅で何ができるか。本を読んでいればあっという間に到着するかもしれないが、それではちょっともったいない。せっかく船に乗るのだから、旅の一部と考えて楽しんでみよう!

 



Q1 短距離フェリーでも予約は必要?

A 1時間に1本など、便数が多ければほとんど待たずに乗船できるが、事前に予約するのがベスト。スケジュールが決まったら予約しよう。



Q2 島に入る前に買っておいた方が良いものは?

A 目的地にもよるが、島の物価が高いのはあたりまえ。島の規模によってはコンビニがないこともあるので、数日保存できる食料は事前に揃えておこう。常備薬なども買っておくとよい。



Q3 2等席と1等席の違いはどこにある?

A 隠岐汽船の場合、いずれもジュウタン敷きの広間でごろ寝のスタイル。大きく違うのは階数で2階に位置する1等は見晴らしが良く、また部屋自体に大差はないものの、プライベート感ももたせてある。



Q4 出航のどのくらい前に行っていればいいの?

A クルマを載せるなら1時間前、人だけなら30分前に乗船手続きが基本。繁忙期は混雑するので、さらに早めがベスト。個室利用以外の椅子やスペースは早い者勝ちであることが多いので、注意。



Q5 船内に持ち込んでおくと便利なものは何?

A フェリー内販売は種類が少なく価格も高め。好みの飲み物を事前に買い込み、クーラーボックスを利用しよう。船内の食堂は船の規模によっては期待できないので、港やターミナル駅でご当地の食材を使ったお弁当を買っておくとよい。



Q6 島フェリーのペット同伴状況を教えて!

A 基本的に乗船は可能だが、車内に置いていくことになる。暑さ対策には注意が必要だ。小型のペットであれば客室に持ち込める場合も。船によってはペットルームもあるが、別途料金がかかることが多い。



Q7 島に到着した後、観光などの情報を知りたい!

A 訪れる島および本土、いずれも玄関口となるフェリーターミナルや空港などの場所で観光情報が得られる。にぎわうスーパーや商店で地元の人に聞いてみるのもよい。キャンプ場や道の駅では、同じくクルマ旅をしている人から聞き出すこともできる。

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 株式会社八重洲出版
所在地 〒104-8488 東京都中央区八丁堀4-5-9 エイトビル
電話番号 03-3552-8431
業務内容 出版業・不動産賃貸
ホームページ http://www.yaesu-net.co.jp/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ