• 掲載日:2017.01.31
  • 知ってトク!


渓流、湖、海・・・釣り&水遊びにぴったり!噂の軽キャンパーで思いっきり水遊び!



キャンピングカーはどこでもドア!軽キャンパーの魅力とは?

短い休みをいかに有効に使うか・・・。釣りに限らず、登山やキャンプ度を楽しむ人にとってスケジュール調整が、大きな課題だ。
夜中に出て、渋滞を恐れて、昼過ぎに帰路につくスケジュールはちょっとハードすぎる、なんて経験をされた方もいるであろう。

そこで今回オススメしたいのは軽のキャンピングカー。
キャンピングカーが止められるところならば、いつでもどこでも寝泊まりできてキャンプができる!
サービスエリアや道の駅で仮眠を取りながら、目的地近くまで行ける。
そして朝イチから遊んで、昼過ぎには帰路につけば渋滞にも巻き込まれず、翌日に疲れも残さないで済むのだ。



例えば、釣りにオススメ!

「渓流釣りに行く?ならば、金曜の夜1時に出発して、入水は4時くらいからかなぁ。疲れたらクルマの中で寝ててもいいし。じゃ、よろしく!」と釣りの師匠からのメールがきた。
釣りの釣果は場所取りにかかっているのだ。
出遅れると目当ての場所には先客で埋まってしまう。
キャンピングカーがあれば、
仮眠もとれて、早朝起きて、キャンピングカーのドアを開けると釣りのパラダイスが広がるはずだ。



どこでもドアならぬ、どこでもキッチン!

クルマなら、調理器具もバッチリ搭載が可能!
即席インスタント麺でも外遊びの後のラーメンは最高!



軽キャンパー&ルーフベッドなら狭い場所でもキャンプ地になる!

キャンピングカーだから、まさにキャンプ基地を選ばないお手軽さ。
車中泊とはいえ、真っ平らなところで寝る快適さを知ると、正直もう乗用車での車中泊とその差は歴然。
写真のようにポップアップルーフだと、下に荷物を置きっぱなしでも寝られて楽ちん。
釣りのように1人でささっと出かけたりするなら、道具を広げたまま、ルーフベッドで仮眠もとれてしまう。水辺ならせせらぎをBGMに眠りに就けそうだ。
キチンと寝られるだけで、ハードな遊びにも耐えられるのだ。短い休暇をきっちり遊べる、週末24時間楽しめる。まさに、思い立った日がキャンプ日和で、柔軟なスケジュールを組める。
そして、たどり着いた先でキャンピングカーは遊びと憩いの基地になるのだ。



軽キャンパーの専門誌もチェック!

「買いやすい」「 扱いやすい」 軽自動車をベースにしたキャンピングカー、軽キャンパー。その最新情報を専門誌『軽キャンパーfan』書店にて発売中!

http://www.yaesu-net.co.jp/cart/mook.php?cart=2

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 株式会社八重洲出版
所在地 〒104-8488 東京都中央区八丁堀4-5-9 エイトビル
電話番号 03-3552-8431
業務内容 出版業・不動産賃貸
ホームページ http://www.yaesu-net.co.jp/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ