• 掲載日:2019.01.11
  • 見てトク!
  • 行ってトク!


かわいいトリの絵がいっぱい!トリを描く、トリを愛でる!

イベント開催期間:2019年01月25日~2019年02月03日



こんにちは。

 

トリ好きな方におもしろい展示会です。

“トリを描く、トリを愛でる”

 

開催場所:ぎゃらりい秋華洞

期間:1/25(金)~2/3(日) 会期中無休 入場無料

 

展示作家:伊藤若冲、歌川広重、竹内栖鳳、川村清雄、川合玉堂、木村武山、小原古邨(祥邨)、榊原紫峰、宋紫石ほか

 

野鳥の写真を一時期、撮りに行きましたが、本当に難しい。

ささぁーと飛んでってしまう。

その鳥をじっくり描いた作家さんの作品が集まっています。

 

◆トリを愛でるって?

 

記者が好きな作家さんは、川合玉堂

幼少期に、岐阜県の金華山付近に住み、自然とふれていた方です。

自然の絵が多くて、風景から昆虫や鳥とたくさんあります。

10代から凄い絵を描き、戦時中に疎開した奥多摩に晩年まで住みます。

きっと、トリを愛でて、絵を描いてたんでしょうね。

 

美術館に並ぶような川合玉堂作品も、秋華洞さんにあるそうです!



◆数々の作品

 

写真にある伊藤若冲の鶏竹内栖鳳の雀など展示が決まっています。

(秋華洞さんの許可を得てます。)

 

伊藤若冲の作品は、某商店街でも以前使われました。

(著作権フリー写真)

伊藤若冲は、江戸時代中期の京都の元商人さん。

家業を譲って、自然画の絵師になってしまします。

元々、自然が好きな方だったそうです。

 

竹内栖鳳は、明治から昭和初期にかけての画家さん。

動物から風景まで描き、ヨーロッパまで遠征してしまいます。

 

そんな凄い作家さんたちの作品を間近で観られます。

 

◆ぎゃらりい秋華洞さんって?

 

有名な作家さんの作品のみならず、若手作家さんたちを応援しているギャラリーです。

以前にも、“みてとく”では記事にさせていただきました。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

関連記事:芸術の才能が集結 三人展!

https://mitetoku.jp/article/details.php?no=399

 

関連記事:現代の美人画 “今とその先に続く”のアーチスト展

https://mitetoku.jp/article/details.php?no=427

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

中原亜里沙さんの個展も大成功でした。

八重山日報さんの取材もあったそうです。

 

場所は、*東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7Fになります。

詳しくは、*アクセスをご確認願います。

 

ぜひ、「トリを描く、トリを愛でる」にお気軽に足を運んでみてください。

絵であっても、その“かわいらしさ”に感動しますよ。

 

#秋華洞

#伊藤若冲

#川合玉堂

#竹内栖鳳

#日本画

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 RECOジャパン企画部
所在地 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-1-8 八重洲KTビル1F
電話番号 03-3548-4708
業務内容 ●自動車部品販売斡旋・中古自動車売買・適正処理
●自動車リサイクルシステムの構築・運用
●自動車関連用品の販売斡旋
●エスクロー業務
●オークション会場の運営
【古物商許可証】第301040407146 (東京都公安委員会許可)
ホームページ http://www.recojapan.com/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ