• 掲載日:2018.10.18
  • 更新日:2018.12.13
  • 知ってトク!
  • 行ってトク!


再登場 288円定食! 定食酒場食堂の夜はどんな感じなの? そうだ曙橋に行こう!



こんにちは。

 

時々寄りたくなるあの定食屋さん。

前回の記事です。↓ こちらも覗いてみてください。

http://mitetoku.jp/article/details.php?no=388

 

定食酒場食堂さん

 

お昼は、288円ランチですが、夜は、3,000円お任せのお食事と飲み放題

美味しいめがねと呼ばれる部のお肉から揚げ本物の揚げたてポテトチップ。

 

幸せがたくさん待っています。

 

ビールで乾杯したら、お店から嬉しい言葉が。

「あれ?RECOさん、いい日本酒あるけど、飲まない?」と薦めてくださる。

飲むと寝てしまうRECO記者は、お料理とお酒で夢心地になりました。

現場で落ちるRECO記者は、幸せいっぱいでした。

 

しかし!申し訳ないのですが、この美味しいお料理とお酒の写真がない!!!!

どうしよう!?

それを見るだけでなくて、実物を味わいに、ぜひ、夜の定食酒場食堂さんを訪ねてください。

 

この夜は、これだけでは終わりませんでした。

楽しいお客様に囲まれて、楽しい会話、お店に愛されてる方たち、

古きよき昭和のお店の雰囲気でした。

 

さらに!!!

 



アーチストさんが、お食事にいらしてました。

そして、その演奏を見せてくださることになる。

 

RECO記者は、アーチストさんのTシャツから、

キーボーディストさん?ギタリストさん?と聞いてしまいました。

 

全部、はずれ、とニッコリと応えてくださる。

 

そして、演奏が始まると?

なんと、津軽三味線のプロフェショナルさんでした。

 

山影 匡瑠さんという数々の賞をいただいている方でした。

 

その演奏は、静から動へ移る美しい三味線の音色、しっかりしたリズム流れるメロディ

音楽の素晴らしさが詰まっていて、お店に広がる感じでした。

 

途中で、RECO記者にサービスしてくださる。

ロックディープ・パープルベンチャーズフレーズを入れてくださる。

 

楽しい夜になりました。

 

こういう演奏が、毎回聴けるというわけではないですが、

さまざまな方々が、ここに集まってます。

 

そんな楽しいお店です。

ぜひ、行きたーい!と思った人は、行ってきたよ!になってくださいね。

 

山影 匡瑠さん、ありがとうございました。

定食酒場食堂さん、ご馳走様でした。

 

#定食酒場食堂

#288円

#津軽三味線

#山影匡瑠

 

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 RECOジャパン企画部
所在地 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-1-8 八重洲KTビル1F
電話番号 03-3548-4708
業務内容 ●自動車部品販売斡旋・中古自動車売買・適正処理
●自動車リサイクルシステムの構築・運用
●自動車関連用品の販売斡旋
●エスクロー業務
●オークション会場の運営
【古物商許可証】第301040407146 (東京都公安委員会許可)
ホームページ http://www.recojapan.com/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ