• 掲載日:2018.06.13
  • 行ってトク!


行ってトク 豚の珍味を堪能。



 

横浜の路地裏の名店

 

横浜西口のモアーズ裏に僅か数十メートルしかない『狸小路』と言う路地裏。

 

そこには数十件の飲食店が並び、その中の一件に珍しい料理を出してくれるお店があります。



 

豚の珍味『味珍』

 

豚の料理を出してくれる店『味珍』(まいちん)です。

 

字のごとく豚の珍しい料理を出してくれるお店。

 

店内は狭く一階はお一人様用のカウンター席があり、

 

脇の急な階段を上っていくとテーブル席とカウンターが現れました。

 

カウンターに案内されメニューを拝見。



 

豚の様々な部位を食す

 

『猪頭肉』『猪耳』など見慣れない文字が・・・

 

下には『豚の頭』『舌』『足』など補足の説明書き表示されてます。

 

サイドメニュには馬刺し、クラゲサラダなどが並んでますがメニューはこれのみ。

 

店の名の通り、普通の店では、めったに無いものが色々味わえそうだ!



 

ドリンクメニューはシンプル

 

ドリンクメニューもかなりシンプル。

 

居酒屋にありがちなサワーやハイボール的なものは無し!ハイサワーも見当たらない。

 

焼酎、日本酒、紹興酒と度数の高いアルコールがずらり!

 

珍味を肴に、酒呑みのお客様が多いのでしょうね?

 

豚の珍味で勝負している感が伺えるます

 

両サイドには常連らしき方が店員さんと談笑。

 

横目で何を食べてるのか?確認していると…

 

店員さんからメニューを差し出され、、、



 

豚の珍味に舌つづみ

 

写真付きのメニューが出てきたました。

 

筆者は事前予習してきたので準備万端(笑)。

 

でも、普通に食べたことのない方は、写真を見てもピンとこないかもしれませんね!

 

店員さんから『分からなければ聞いて下さいね!』と快い対応♪

 

先ずは食べて見たかった『尾』そして『ハチノスのからし酢みそあえ』、『舌』、『腐乳』と注文。

 

もちろん生ビールも注文です♪

 

 



 

醤油ベースで煮込む珍味

 

先ずは『尾』、『ハチノス』、『腐乳』が出てきました。

 

手前の料理が『尾』。

 

豚のテールを煮込んだもの。

 

味は付いているとのことだが、タレを付けて食べるのも美味しいらしい・・・



 

オリジナル付けダレが最高!

 

店の方が丁寧に付けタレの作り方を教えてくれました。

 

酢に和からしを溶いて醤油を少し垂らす。。。

 

常連さんからも『よく覚えておいてよ~』とご指導を仰ぐ(笑)

 

ここのお店は常連さんも初めての客も同じように対応してくれて、

 

気持ちの良い対応をして頂きました。

 

さて本題の『尾』から食します。

 

醤油煮かな? ほのかに甘辛くにつけられた尾はホロホロのプルンプルン!

 

最高の味付け!そのままでも十二分に美味しいですが、店の方から教わった付けタレで食べると、

 

これが! また違った味付けに変わり更に旨いこと!!



 

サイドメニューも美味しい♪

 

『ハチノスの酢のもの』

 

酒のあてには最高です。



 

『豚の舌』まだまだイケちゃいます♪

 

続いて『舌』を食します。

 

全ての部位が醤油ベースで煮込まれ味付けされています。

 

焼き肉とは全く違った食感と味付けです。

 

韓国でいうところの『チョッパル(豚足)』のような調理方法かな?

 

焼き肉の『タン』を想像したが、これはまったく違う食感です!

 

燻製の様な食感ではあるが、今までにない感じ。

 

もちろん味付けは最高♪

 

続いてはこちら。。。



 

『腐乳』酒のあてにチビチビと

 

『腐乳』(ふにゅう)。

 

見た目は豆腐?

 

店のご主人曰く、沖縄の『豆腐よう』の塩辛い版とのこと。

 

『しょっぱいので少しづつ食べてね』と・・・

 

一口食べると、、、クリームチーズの様な食感。

 

味は・・・『酒盗』に似ていました~!

 

ご飯が欲しくなる塩辛さ。

 

バケット(パン)に塗って食べたら最高に美味しいかもしれませんね。

 

あっという間に注文分をたいらげ、追加注文です!!



 

メニューを眺め、、、

 

 



 

『豚の胃袋』

 

次の注文は『胃』

 

焼き肉屋で言うところの『ガツ』になるのかな?

 

少し豚臭さが残っていてホルモン好きの筆者には最高の一品♪

 

よーく煮込まれ柔らかく、次々と口に入っていくので、

 

あっという間に完食です(笑)

 

続いては、、、



 

『豚の耳』

 

『耳』。

 

ミミガーなど想像したが、こちらもよーく煮込まれホロホロ触感♪

 

特製酢からしに付けて食べるのがお薦め♪(お酢多めがグー!!)

 

残るメニューは『頭』と『足』なのですが・・・

 

流石に全メニューを制覇するほどの大食漢ではない私・・・(笑)

 

残りは次回にお預けとしましょう。。。

 

横浜の駅前にひっそりとたたずむ路地裏街。

 

そんな路地裏のマニアックなお店を紹介しました。

 

 

『酒飲みのオッサンばかりで入りにくいのでは?』

 

そう思った読者の皆さん・・・

 

初めての方でも快く迎え入れてくれる素敵なお店です♪

 

横浜に来た際は、ぜひぜひ足を運んで頂きたいお店です♪

 

日曜は定休日なので気を付けてね♪

 

初めての方は電話で予約がお薦めです!

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 みてとく編集部1
所在地 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-1-8 八重洲KTビル1F
電話番号 03-3548-4708
業務内容 ●自動車部品販売斡旋・中古自動車売買・適正処理
●自動車リサイクルシステムの構築・運用
●自動車関連用品の販売斡旋
●エスクロー業務
●オークション会場の運営
【古物商許可証】第301040407146 (東京都公安委員会許可)
ホームページ http://www.recojapan.com/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ