• 掲載日:2018.03.19
  • 知ってトク!


ステップワゴン スパーダ パワステポンプのリビルト品交換



ステップワゴン スパーダ RG1(20年3月登録)の修理事例です。

 
今回はリサイクルパーツとは違ってリビルト品での修理をご紹介します。
 
『リビルト品』とは、なんぞや?
 
『リビルト』⇒『REBUILD』の文字のごとく、簡単の言えば『組み直す』を意味します。
 
一度部品をバラシて各パーツの点検をして組み直す。
 
もちろん消耗した部品や壊れた部品は新しいものに交換。
 
もっと言うと! 純正品では壊れやすい部品を強化品として自社で製作!
 
そこまでこだわるリビルトメーカーさんも居られます♪
 
今回はそんなリビルト品での交換事例です。
 
ステップワゴンによく見られる症状・・・
 
走っていてエンジンルームからモーター音の様な、うなり音が発生!!
 
エンジン音より大きな音・・・
 
そして、アクセルと連動してずーっと鳴っているとか?
 
エンジンルームを開けて中を確認すると。。。
 
a0300078_18455661.jpg
パワステポンプ周辺から音が・・・ やはり鳴っています。(赤丸がパワステポンプ)
 
交換での判断としましたが、純正新品にするか? リサイクルにするか? リビルトにするか?
 
新品は¥48,500、リサイクルは¥7,000、リビルト¥15,000と。。。
 
 
流石に新品は結構な値段がしますねー!!
 
リサイクルだと安くって¥7,000円♪ リビルトは¥15,000とその倍!! それでも新品の1/3の価格♪
 
安く直したいので、新品は却下(笑) 残る2種が候補になります。
 
さてと・・・
 
リサイクルにするか? リビルトにするか? 悩みどころですが・・・
 
リサイクル品の詳細を確認すると・・・ 走行距離が今の車とほぼ同じ距離数。
 
と言うことは? また同じ事が発生する可能性も考えられます。
 
これからも長く乗りたい!とオーナー様の要望あり!
 
リビルト品は確か。。。
 
冒頭前述の通り、部品の組み直しもしてるし、場合によっては各部の対策も考えられているはず、、、
 
であれば、純正より遥かに、高性能かも!!
 
確実に長く乗ることを考えれば、リビルト品をお薦めします♪
 
決してリサイクルが悪い! と言うのではなく・・・
 
その時の状況によって修理方法が選べるのが、リサイクルパーツ・リビルトパーツを使う利点♪
 
と言うことで、今回もRECOジャパンにオーダーして頂いて。。。
 
a0300078_18460351.jpg
翌日には、リビルト品が届きましたー♪
 
a0300078_18461496.jpg
新品と殆ど変わらない商品ですね!
 
a0300078_18460807.jpg
このように、取付け時の説明書が添付されてます(中央)
 
ご丁寧に、今回の症状の原因まで説明された説明書まで同封されておりました♪(右)
 
毎日のように同じ症状の商品をリビルトしているメーカーさんならではのサービスですね!
 
これは今後の知識として、修理業者様も本当に助かりますね!!
 
【今回の原因として】
ポンプ低圧側のホース付け根がバンドで絞めてあり、経年劣化でホース(ゴム製)が硬くなり、付け根が開いてしまうとのこと・・・
オイル漏れは生じないが、そこから外の空気(エアー)を吸ってしまい、ポンプ内にエアーが流入!!
それが原因で異音が発生するとのこと!! 低圧側ホースも確実に交換をして欲しいとも明記してありました。
 
a0300078_18464369.jpg
ホースを外し・・・ 本体も取り外して・・・
a0300078_18462240.jpg
a0300078_18465285.jpg
絶対に必要なOリングまで付属しており至れり尽くせり♪
意外と変えずに修理してしまう業者さんもいるので、ここはメーカーさんの対策(心使い)が施されているのでしょうね!
a0300078_18464701.jpg
リザーバータンクのホースも新品に交換です。
 
a0300078_18471125.jpg
外したホースを確認してみると・・・
 
メーカーさんが指摘した通り! ホースが変形してますねー!!
 
これが一つの原因だったとは・・・(意外と原因追及しても、ここは分からない箇所だったりします。)
 
リビルトメーカー様様です!
 
次回、同じ症状の車が入庫したら・・・
 
自信を持ってお客様に即答が出来ちゃいますね~(笑)
 
a0300078_18465710.jpg
リビルト品は『コア返却』と言って、
 
元々付いていた部品を、このようにメーカーさんへ送り返します。(送料はメーカーさん負担です。)
 
そして、このコアを、またメーカーさんがリビルトして商品化してくれるのですね。
 
修理業者様へ・・・
リビルトご購入の際は、必ずコアを返却してくださいね!
 
 
各リビルト品に対して、保証期間が設定されていますので、これも安心材料の一つですよね♪
a0300078_18471674.jpg
そして、リビルト品を取り付けて、エンジン始動!!
もちろんバッチリでした♪
ステップワゴンは元気にオーナー様のもとへ帰っていきましたよー!
このように、リサイクルパーツとは違った、商品もリサイクル業者では取り扱っています。
修理業者さんへ『リサイクルかリビルトで直して~』って言えば、
 
業者さんも喜んでリサイクル&リビルト品を使ってくれますよ~
mite-TOKUでは、こんな節約術をご提案できる修理工場もご紹介します。
自動車リサイクルパーツ探すなら!
【取材協力工場】
神奈川県川崎市のBP・GLOBAL様。

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 みてとく編集部1
所在地 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-1-8 八重洲KTビル1F
電話番号 03-3548-4708
業務内容 ●自動車部品販売斡旋・中古自動車売買・適正処理
●自動車リサイクルシステムの構築・運用
●自動車関連用品の販売斡旋
●エスクロー業務
●オークション会場の運営
【古物商許可証】第301040407146 (東京都公安委員会許可)
ホームページ http://www.recojapan.com/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ