• 掲載日:2017.01.25
  • 更新日:2017.10.23
  • 知ってトク!


トヨタ プリウス リサイクルバンパーを使っての修理。



中古パーツ? リサイクル品? リサイクルパーツ?
よく耳にする言葉ですよね。。。
自動車修理の世界でもリサイクルパーツを使うことが増えてきてますね~。
「中古品って大丈夫なの?」「事故車から取った商品でしょ?」って、お客様からよく聞かれます。。。
現在のリサイクルパーツはリサイクル事業者さんが、きちんと管理し一点一点を丁寧にチェック!
チェックをパスした商品だけを販売管理してるので安心!安心!



今回はRECOジャパン公式ホームページで購入したお客様の修理事例をご紹介。

 

トヨタプリウスにお乗りのお客様。
今回は左側に駐車しようとしてハンドルをきり過ぎてしまい縁石に衝突しバンパーがもげてしまったとのこと。
さすがに変形が激しくバンパーは交換が必要です。
自費修理で予算を抑えたいとのご要望でしたのでリサイクルパーツ(RECO JAPANで」)を購入!
(購入した商品は自宅ではなく、あらかじめRECO提携修理業者さんへ連絡しておけば、そこに直送が可能ですから安心です。)
プリウスは販売台数が多い分、リサイクルパーツの流通も激しく、すぐに無くなってしまいます!
しかし、RECO JAPAN は全国のリサイクル事業者の強力なネット網がありますから在庫は豊富です。
お客様・・・新型プリウスなので半ば諦めていましたが、同色のバンパーが直ぐに見つかり購入♪



(写真上)

周辺部品を外し損害を確認します。フェンダー部と見えない内側も丁寧に鈑金します。
フェンダーとバンパーが密接する箇所は念入りにラインや隙間の幅を合わせます、ここがしっかり整っていると仕上がった際の見栄えが全然違いますね。

 

(写真中)

パテと言われる樹脂を塗ってきちんと整形。
整形が終われば、サフェーサ(パテの目地止め&防水をする塗料)を塗り、乾燥です。
密着、防錆効果を高め色が乗りやすくし、数年経っても色の変化が無いように丁寧にかつ綺麗に研いで下地を作り、塗装作業に入ります。
リサイクルバンパーもキレイに!
お客様のご要望に応じて、少し傷のある状態のまま取り付けることもあります。(その時はさらにお安く修理が可能です!)
今回は「きちんと塗装して」とのご要望。
程度の良いパーツでしたが、キズはあったのでキレイに塗装しました。

 

(写真下)

塗装ブースに入れゴミやホコリをシャットアウトします。
今回はソリッド色のホワイトカラー。
光沢が美しいので商用車のくすんだ白とはわけが違いますね~♪



綺麗に仕上がり何事も無かったかのような状態に元通り!

 

気になる修理費用は・・・?
修理費用は仮に新品部品を使っていたら160,000円ほどですが、
リサイクルパーツで費用を抑えたので108,720円!
おおよそ5万円の節約です? だからって仕上がりは変わらず! 新品(純正)部品と変わらぬ仕上がり♪
当たり前ですよね~♪ リサイクルパーツって言ってるだけで、もともとは純正パーツなんですから(笑)

自動車板金塗装はきれいに直すことが目的ですが、お客様のニーズ(予算)に合わせて直してくれるショップさんが存在します。
そんな『我がまま&ご要望』を聞いて、丁寧な仕事をしてくれるショップを「みてとく」はご紹介します♪

困ったことがあったらBP GLOBAL Shiromoto-ren Japanに連絡して見てくださいね♪
「みてとく見た!」って言ったら良いことあるかもですよ~♪

 

BP GLOBAL Shiromoto-ren Japan»

Facebook»

 

 

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 株式会社JARA
所在地 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-1-8 八重洲KTビル1F
電話番号 03-3548-3010
業務内容 ■自動車リサイクル部品流通管理システムの開発と管理運用
■全損車両及び使用済み車両の情報処理と適正処理の指導
■自動車リサイクルビジネスのコンサルティング
ホームページ https://www.jara.co.jp/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ