• 掲載日:2018.01.22
  • 行ってトク!


行ってトク! 和風ジビエの極み、猪を味わう。



古い町並みの東側"中馬の町並み"にある、明治20年創業の和食処です。
猪など、地元の食材を活かした料理が特徴。
店頭には地元で仕留められた猪の毛皮がディスプレイされているので、すぐに分かるはずですよ〜。

 

純和風の店 内では、名代うなぎ料理をはじめ、
春は山菜と岩魚、夏は天然鮎、秋はきのこ、冬は猪鍋(10月~ 4月)と、
四季折々の料理が楽しめます。

 



定食、一品ものとメニューは豊富で、大スズメバチの甘露煮や地元で定番のヘボ(黒スズメバチ=地バチ)の佃煮もあります。
今回トライしたのは、猪鍋膳(2150円)と、猪焼きとシシコロッケ 膳(1500円)です。
その味わいは豚肉に似ているが、少し硬めで豊かな風味を味わえました。




井筒亀(いづがめ) 愛知県豊田市足助町田町17
☎︎0565-62-0018

 

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 みてとく編集部4
所在地 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-1-8 八重洲KTビル1F
電話番号 03-3548-4708
業務内容 ●自動車部品販売斡旋・中古自動車売買・適正処理
●自動車リサイクルシステムの構築・運用
●自動車関連用品の販売斡旋
●エスクロー業務
●オークション会場の運営
【古物商許可証】第301040407146 (東京都公安委員会許可)
ホームページ http://www.recojapan.com/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ