• 掲載日:2019.06.04
  • 知ってトク!
  • 行ってトク!


日比谷に猫のアートがいっぱい。『アートになった猫たち展』

イベント開催期間:2019年04月26日~2019年06月23日



こんにちは。

今日は、現在開催されている日比谷図書文化館の展示展を紹介します。

 

『アートになった猫たち展~今も昔もねこが好き~』です。

 

4/26(金)から始まっていて、6/23(日)まで開催されています。

 

【1】 身近な存在としての猫たちと作品

 

今回の展示は、5章にわかれています。

 

「アートになった猫たち」

「ねこを愛した芸術家たち」

「ねこ爛漫 なぜ猫で描かれた?」

「今も昔も暮らしの中に猫がいる『江戸編』」

「今も昔も暮らしの中に猫がいる『明治編』」

 

猫好きで有名な作家、歌川国芳、竹久夢二、藤田嗣治の作品が並んでいます。

しかも、約100点も展示されています。

 

江戸時代では浮世絵であったり、明治時代からは油彩画として、

身近にいる猫たちが描かれています。

猫好きな方には、たまらない展示展になります。

 

(展示展内は撮影禁止、写真はイメージ)

 

▼みてとく関連記事:最大級の世界的画家 ”藤田嗣治展”

https://mitetoku.jp/article/details.php?no=370



【2】 展示会概要

 

名称:アートになった猫たち展~今も昔もねこが好き~

日時:2019年4月26日(金)~6月23日(日)

   10:00~19:00 *入室は閉室の30分前まで

   (金曜は20:00、日祝日は17:00まで)

会場:東京都 日比谷図書文化館 1階特別展示室

休館日:5月20日、6月17日
料金:一般300円 大学生・高校生200円
   *千代田区民、中学生以下、

    障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は無料

 

猫ちゃんのアートが、100点以上を300円で拝観できるのでおトクです。

日比谷公園にお出かけの方、近くを通られる方は、

ぜひ、日比谷図書文化館にお寄りください。

 

▼みてとく関連記事:ねこのひょっこり展!

https://mitetoku.jp/article/details.php?no=526 

▼みてとく関連記事:インターペット展 2019!

https://mitetoku.jp/article/details.php?no=533

▼みてとく関連記事:日比谷公園が?ビアガーデンになるぅ!

https://mitetoku.jp/article/details.php?no=598

▼みてとく関連記事:三嶋哲也油彩画展 ~偏愛~!

https://mitetoku.jp/article/details.php?no=591

▼みてとく関連記事:2月22日が迫る。日本の猫の日!あちこちで?

https://mitetoku.jp/article/details.php?no=501

 

#アートになった猫たち展,#日比谷図書文化館,#猫,#ネコ,#ねこ,#歌川国芳,#竹久夢二,#藤田嗣治

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 RECOジャパン企画部
所在地 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-1-8 八重洲KTビル1F
電話番号 03-3548-4708
業務内容 ●自動車部品販売斡旋・中古自動車売買・適正処理
●自動車リサイクルシステムの構築・運用
●自動車関連用品の販売斡旋
●エスクロー業務
●オークション会場の運営
【古物商許可証】第301040407146 (東京都公安委員会許可)
ホームページ http://www.recojapan.com/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ