• 掲載日:2018.08.27
  • 更新日:2019.02.13
  • 見てトク!
  • 知ってトク!
  • 行ってトク!


フランスが、世界が絶賛した日本人。最大級の世界的画家 ”藤田嗣治展”

イベント開催期間:2018年07月31日~2018年10月08日



こんにちは。

今回は、知る人ぞ知る世界的日本人画家「藤田嗣治」展を紹介します。

 

2015年にオダギリジョー主演で彼を描いた映画「Fujita」も上映されました。

この藤田氏は、1920年代にフランスで名を上げた画家です。

日本に一度、帰国後、またフランスに渡り、一生を終えました。

 

パリでは、たくさんの有名なアーチストと親交を結びました。

特に有名なのは、あのパブロ・ピカソです。

 

ピカソは、今、作品に100億円の値がつく画家です。

その彼に認められた日本人画家なんです。

 

その絵は、フランスや日本の風景から肖像画猫の絵などが有名です。

 

展示展は、上野東京都美術館で行われています。

期間は、2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)

開室時間は、9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)

金曜日は、9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
ただし、8月3日(金)、10日(金)、17日(金)、24日(金)、31日(金)は、

     9:30~21:00

 

拝観料は、一般1,600円、大学・専門学生1,300円、

高校生800円、65歳以上1,000円です。

 



東京展では、藤田が愛した丸メガネと同じ形を持っていくと?

なんと、100円割引してもらえます。

 

丸メガネは、ジョン・レノンのイメージが強いですが、

この藤田嗣治も丸メガネでした。

 

猫が好きだったそうで、いくつか作品があります。

特設サイトを覗いていただくと、彼の作品が観られます。

 

そして、東京展終了後、2018年10月19日(金)~12月16日(日)に、

京都国立近代美術館(岡崎公園内)でも藤田展が開催されます。

 

関西地方の方は、ぜひ、そちらに足を運ばれてください。

 

フランスに移住後、レオナールという名前をもらいました。

これは、イタリア語でレオナルドです。

レオナルド・ダ・ヴィンチですよね。

 

それくらいに、彼は世界で認められた画家でした。

そんな理由で、ここで紹介させてもらいました。

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 RECOジャパン企画部
所在地 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-1-8 八重洲KTビル1F
電話番号 03-3548-4708
業務内容 ●自動車部品販売斡旋・中古自動車売買・適正処理
●自動車リサイクルシステムの構築・運用
●自動車関連用品の販売斡旋
●エスクロー業務
●オークション会場の運営
【古物商許可証】第301040407146 (東京都公安委員会許可)
ホームページ http://www.recojapan.com/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ