• 掲載日:2019.04.02
  • 見てトク!
  • 知ってトク!


江戸時代にタイムスリップ!江戸のMANGA!あの時代にも週刊○○はあったのか?

イベント開催期間:2019年03月29日~2019年04月07日



こんにちは。

子ども達は春休みを楽しんでいるかと思いますが、

おもしろい企画があります。

 

春休み企画!『江戸のMANGA!』です。

 

みてとくを応援してくださる銀座 ぎゃらりい秋華洞で、

3/27(金)~4/7(日)に開催されています。

 

どんな漫画があるんでしょうか?

 

【1】 戯画や判じ絵の浮世絵

 

戯画とは、風刺、落書、漫画、擬人絵のようなユニークある作品です。

判じ絵とは、その絵から連想されるものを当てる、なぞなぞのような作品。

これらが並びます。

 

作家は、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳など、当時の人気作家!

今思えば、漫画に近い作品で、庶民の楽しみですよね。

 

漫画文化は日本が世界のトップで、あの「キャプテン翼」を知らないプロサッカー選手はいないほどです。

その原点は、ずっと昔から続いていたんですね。

 

ナマズの絵は、昔見ました。

確かに、漫画のようなタッチ。

しかし、しっかりしている。

今の漫画も絵がきれいですよね。



【2】 展覧会詳細情報

 

会期:2019年3月29日(金)~4月7日(日)

場所:ぎゃらりい秋華洞 

   東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F

時間:10:00~18:00 会期中無休 

入場:無料 

展示販売あり。

小学生以下のお子様連れのご来場でポストカードプレゼント!

 

銀座方面のお買い物途中に、ぜひ、お寄りください。

 

【3】 ぎゃらりい秋華洞さん

 

日本画、美術品を中心に、世界の美術品を扱われています。

日本のアートをもっと身近に展示会もされています。

 

また、優秀な日本の作家さん達を世に出す機会も作っています。

先日、紹介した女性画の作品も、どんどん光を当てようとしてます。

そんなギャラリーです。

覗く価値ありですよ。

 

▼みてとく関連記事:“今とその先に続く”のアーチスト展

https://mitetoku.jp/article/details.php?no=427

▼みてとく関連記事:その場から離れられなくなる"美人画の行方" 

https://mitetoku.jp/article/details.php?no=512

▼みてとく関連記事:オリジナル作品が飾られている!”肉筆浮世絵展”

https://mitetoku.jp/article/details.php?no=384

 

#秋華洞,#戯画,#判じ絵,#江戸のMANGA,#銀座,#北斎,

#広重,#鯰,#江戸,#ギャラリー

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 RECOジャパン企画部
所在地 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-1-8 八重洲KTビル1F
電話番号 03-3548-4708
業務内容 ●自動車部品販売斡旋・中古自動車売買・適正処理
●自動車リサイクルシステムの構築・運用
●自動車関連用品の販売斡旋
●エスクロー業務
●オークション会場の運営
【古物商許可証】第301040407146 (東京都公安委員会許可)
ホームページ http://www.recojapan.com/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ