• 掲載日:2019.02.15
  • 見てトク!
  • 行ってトク!


『平成』を代表するプラレールが大集合! プラレール60周年企画展

イベント開催期間:2019年03月09日~2019年05月07日




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「おかげさまで60年まるごとプラレール展」
2019年3月9日(土)~5月7日(火)
京都鉄道博物館・本館2階 企画展示室にて実施
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


株式会社タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」が1959年の発売から今年で60周年を迎えました。
西日本旅客鉄道株式会社の京都鉄道博物館にて
プラレール60周年企画展「おかげさまで60年まるごとプラレール展」が
2019年3月9日(土)から5月7日(火)まで開催されています。

 

 

特に今年で終了する『平成』に発売された商品に焦点を当てています。
1959年に発売された初代プラレールである「プラスチック汽車・レールセット」や
1961年に発売された初電動走行車両「電動プラ汽車セット」などの初期のプラレール
はもちろん、カメラを搭載した車両、本物のような“蒸気”が出る車両、手転がしで発電
できる車両、スマホと連動できる車両など、『平成』の31年間で多様な進化を遂げたバ
リエーション豊かな「プラレール」が展示されます。
展示されるプラレールの数は『昭和』・『平成』と合わせて、全部で約50点です。

歴代「プラレール」展示の他にも、本企画展には歌・ダンス・車両などの映像が流れる
シアターブースや、「プラレール」の楽しい世界に入り込める大型ジオラマ(W約720
0㎜×D約1800㎜)などが登場します。
大型ジオラマ内には、「プラレール」のレールと橋脚で作られた最高約2mの“プラレールタワー”が設置され、
タワー内を様々な車両が走り回る、大迫力の光景をお楽しみいただけます。

また、3月23日(土)からは、京都鉄道博物館内のSLスチーム号のりばに、オリジ
ナルヘッドマークをつけた本物のSL「プラレール60周年SLスチーム号」も登場します。
初日の3月23日(土)には、巨大な「青いレール」が線路の一部に敷かれる走行開幕式
を実施いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【開催場所】
京都鉄道博物館 本館2階 企画展示室

【主な展示内容】
歴代プラレール、シアターブース、フォトスポット、新商品

【入場料】
「京都鉄道博物館」入場料に含まれます

★京都鉄道博物館公式サイト 
www.kyotorailwaymuseum.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【展示される「プラレール」の例】


<初期のプラレール>
●「プラスチック汽車・レールセット」(1959年)…プラレールの原型。
 電動走行はせず、手転がしで遊ぶ玩具でした。
●「電動プラ汽車セット」(1961年)…プラレール初の電動走行車両




<平成に登場した進化版プラレール>
●「ぼくが運転する スーパーひかり号」(1989年)
 →車両を遠隔操作できるマスコンつきのセット
●「音声指令つばさ号」(1995年)
 →“ボイスコントロール”ができる車両
●「TVで遊ぼう!ぼくはプラレール運転士」(2000年)
 →テレビで映像を見ながら操作できる、初のカメラ搭載車両
●「サウンド・スチームD51 498号機」(2006年)
 →本物のような蒸気の出る車両
●「テコロジープラレール」(2011年)
 →手で転がすと発電され、電池無しでもライトが光る車両
●「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」(2016年)
 →搭載した2台のカメラがスマホと連動し、操作できる




<ちょっと変わったプラレール>
●「ひかり号モノレールセット」(1975年)…ひかり号とモノレールが連動して走行するセット
●「ブリキのプラレール」(2000年)…ブリキ製のプラレール車両
●「古代エジプト冒険セット」(2001年)…タイムトラベルがテーマのセット。
  オリジナル車両や情景の他、パズルのレールも付属

 



【プラレールとは】
 「プラレール」(発売元:株式会社タカラトミー) は、
2019年に発売60周年を迎えたロングセラーの鉄道玩具で、3世代にわたって愛されているブランドです。
「プラレール」の原型は、金属や木の玩具が主流であった1959年に、
当時の最新素材であったプラスチックの玩具として発売された「プラスチック汽車・レールセット」です。
 象徴的な青いレールは、当時家族が団らんの時を過ごした「ちゃぶ台」の上で遊べるサイズで設計されました。
この規格は60年経った今でも変わっておらず、当時のレールと最新のレールを繋げて遊ぶこともできます。
今後も、身近であり憧れでもある“鉄道”をテーマに、子どもたちが社会を学び、
創造力等の子どもたちの成長を促し、また親子のコミュニケーションを育むブランドとして展開していきます。
日本国内ではこれまでに、累計約1,480種類、1億6,900万個以上を販売しています。
(2019年1月末現在)

 

 

<商品に関するお問い合わせ先>
株式会社タカラトミー 
お客様相談室 TEL:0570-041031(ナビダイヤル)

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 みてとく編集部4
所在地 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-1-8 八重洲KTビル1F
電話番号 03-3548-4708
業務内容 ●自動車部品販売斡旋・中古自動車売買・適正処理
●自動車リサイクルシステムの構築・運用
●自動車関連用品の販売斡旋
●エスクロー業務
●オークション会場の運営
【古物商許可証】第301040407146 (東京都公安委員会許可)
ホームページ http://www.recojapan.com/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ