• 掲載日:2017.01.25
  • 更新日:2017.01.31
  • 見てトク!
  • 知ってトク!
  • 行ってトク!


名車・旧車・面白車が大集結した『お台場旧車天国2016』を満喫してきた!

イベント開催日:2016年11月20日



往年の名車・旧車・希少車が集結する、年に一度の大規模イベント、それがお台場旧車天国。会場にはなんと700台!ずらりと並ぶ姿は圧巻であった。
車両展示は「天国エリア」「地獄エリア」「マニアック天国」と3つのエリアで構成されていたのでご紹介したい。

 

700台のクラシックカー&バイクがお台場を埋め尽くす!

 

 




アワード車両をとくとご覧あれ!世界の名車が顔を揃える。その中から選ばれし、アワードの車両をご紹介!

700台の宝石級の名車の中から選ばれれたアワード受賞者の車両。




マニアック天国の車両をご紹介!

 

「ヂーゼル自動車工業TX80型5t積みトラック」
いすゞの社名がまだヂーゼル自動車工業だった終戦直後の1946年に、
戦前型のTX40をベースに製造が再開されたTX80が展示されていた。



日本最初の四輪駆動車である、九五式小型乗用車、通称「くろがね四起」。
ステージではトークショーやエンジン始動も行われた。



映画「トラック野郎シリーズ」の第5作目「度胸一番星」に登場した映画出演車両として今現在も残る貴重な1台。



インパクト大のアートワーク「ワイヤーフレームカー」



WC-67 4×4ダッジコマンドカー
第二次世界大戦でアメリカ軍が使用していた軍用四輪駆動車でミリタリー好きに大受けだった。



三菱ふそうトラック・バス社のエアロキングは見て圧巻。 二階に乗車体験もできた。



体験試乗天国

 

(写真上)

「家族で楽しめるクルマイベント」をテーマにしており「体験試乗天国」という子どもが喜ぶアトラクションも充実していた。写真は重機の先端にお玉をつけて、スーパーボールをすくうというお子様向けの遊び場。大人気だ!

 

(写真中)

シートに乗り込んでロボ子の「腕」を操縦できる。

 

(写真下)

懐かしの横丁エリアが出現。
こちらのセンチュリーは、なんと石やきいも販売車。



お買い物天国

 

(写真上)

企業ブースやスワップミート、さらには飲食コーナーを合わせて、250枠超が並ぶ。

 

(写真下)

貴重な絶版パーツ、古本・歴史資料をはじめ、各種グッズやミニカーまで、お買い物を存分に楽しめた。



ステージ天国

 

ステージでは、Zeppan UEMATSUコラボ企画の高橋ツトム先生のトークショーが行われた。

 

1980年代の東京の青春、圧倒的な解放感が支配する「族」の世界を描いた「爆音列島」の高橋ツトム先生の生のトークショー。世代を問わず「不良」に感応する読者の絶大なる共鳴を集めている。
絶版バイクのウエマツが高橋ツトム先生監修の下、マンガに登場する「ZEROSフォア」を製作しているとのこと。

 

お台場レトロファッションコンテストも初開催!

懐かしさとともに華やかな彩りを添えるステージイベント。
日本の昭和のファッションから欧米のレトロファッションまでを対象としたステージコンテストが行われた。



来年も11月に開催します!

 

イベント名: お台場旧車天国2016
日時   : 2016年11月20日(日) 9:30~15:30(雨天決行)
会場   : 臨海副都心青海地区お台場特設会場(船の科学館駅前)
(東京都江東区青海1-1 青海臨時駐車場)
入場料  : 当日券 一般(中学生以上)1,500円
前売券 一般(中学生以上)1,200円
ローソンチケット(Lコード:36522)
セブンチケット(セブンコード:049-059)
※500円分の金券付きです。
※小学生以下は無料です。
※障がい者の方は、障がい者手帳をご提示いただくとご本人様と付添人1名様まで無料でご入場いただけます。
主催   : お台場旧車天国2016実行委員会(株式会社八重洲出版)

 

 

記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

written by

会社名 株式会社八重洲出版
所在地 〒104-8488 東京都中央区八丁堀4-5-9 エイトビル
電話番号 03-3552-8431
業務内容 出版業・不動産賃貸
ホームページ http://www.yaesu-net.co.jp/

メッセージを残す

評点
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス(※メールアドレスが公開されることはありません。)
メッセージ